• ラーメン大好き ~豚人に行く

    2018/07/19
    楓女性調査事務所、のんちゃんです。 いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   先日は、会社帰り、ラーメン仲間と『豚人本店』に行ってきました。 とこ豚骨のバク勝盛り     美味しくいただき、食べきりました!! という感じで、のんちゃんデブ一直線です!  だれか止めてください!  
  • からだにいいこと・・・

    2018/07/18
    楓女性調査事務所、のんちゃんです。 いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   実はのんちゃん・・・。健康オタクなのです。   18才の時に交通事故で顔を17針縫う怪我、顔はガラスまみれ・・・ そこから顔から何年もに渡り、膿と一緒にガラスがでてくるようになり、顔は吹き出物だらけ・・・。 小さいころからアレルギーがあり、毎年、春になるとひどい花粉症と温泉アレルギー。   ...
  • 4月3日おひなまつり

    2018/04/16
    こんにちは! 楓女性調査事務所、のんちゃんです! いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   私の住んでる、豊田市の山間部、4月3日はひなまつりです。旧暦でやっているのです。 子どもたちは男の子も女の子も楽しみ!!     このおひなまつりの日は地区のお宅を「おひなさんみせてー」と言ってまわるとおうちごとでお菓子をもらえる!! いっぱいお菓子持って帰ってきました...
  • 離婚後の新生活⑫ 一人で落ち込まず友人に話してみる

    2018/04/04
    おはようございます! 楓女性調査事務所ののんちゃんです。 いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   こんな時、いちばん頼りになるのは友人です。職場におおぜいの同僚のいる男性ならば、あらためて友人を作る必要もないでしょうが、狭い地域で生活していた女性の場合は、あまり友人がいないこともあるでしょう。   しかも、離婚と同時に引っ越し、知らない街で一人暮らしを始めたのならば、...
  • 離婚後の新生活⑩ 新しい世界に目を向ける

    2018/04/03
    おはようございます! 楓女性調査事務所ののんちゃんです。 いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   くよくよしていても始まらない   離婚した後、人間はどうしても落ち込みがちです。ストレス学説によれば、人間ストレスの中で最も高いのは「配偶者の死」だそうです。愛し合っていた人間が突然いなくなるのですから、これは当然です。そして二番目にストレスが高いのは、「離婚」です。 ...
  • 離婚後の新生活⑨ 反抗的になった子どもにどう対処するか

    2018/03/29
    おはようございます! 楓女性調査事務所ののんちゃんです。 いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   母親に引き取られた子どもの場合 経済的な不満が出てくる   離婚した母親が子どもを引き取って育てていると生活水準は、どうしても結婚していた時よりは下がってしまいます。養育費は月々払い込まれてもせいぜい数万円。これにパートの仕事で得られる収入を足しただけでは、贅沢など論外。...
  • 離婚後の新生活⑧ 別れた相手との付き合いはどうするか

    2018/03/28
    おはようございます! 楓女性調査事務所ののんちゃんです。 いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   別れた相手とこれからどう付き合っていくか、これはかなり大きな問題です。「いっさい没交渉で押し通す」というならば、それでもかまいませんが、子どもがいる場合にはどうしてもつきあいが生じてしまう。月に一度子どもを迎えに来てもらう、あるいは送っていくという仕事がついてまわりますから...
  • 離婚後の新生活⑦ 仕事で信頼を得れれば生きていく張り合いも

    2018/03/27
    おはようございます! 楓女性調査事務所ののんちゃんです。 いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   少し前から、家政婦としてしか扱ってくれない夫に腹を立て、数十年の忍耐の後、夫の定年を木に離婚をせんこくする熟年の離婚が増えています。まだまだたっぷりと人生の時間を残された人たちです。   彼女たちの言い分はたいてい決まっています。 夫は妻を家政婦としてしか考えていない。...
  • 離婚後の新生活⑥ 今までの生活を忘れて新しい生活を

    2018/03/25
    おはようございます! 楓女性調査事務所ののんちゃんです。 いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   最初は一人で気楽だと、独身気分を楽しんでいる夫も、食事が不規則になり、家が乱雑に散らかってきたりすると、しだいに心もすさんできます。結婚期間中は妻がすべて身支度などを整えておいてくれたおかげで、細かい雑事に追われる心配はありませんでしたが、一人になればそうはいきません。 ...
  • 離婚後の新生活④ 養育費を払わない相手への履行勧告・履行命令

    2018/03/22
    おはようございます!! 楓女性調査事務所、のんちゃんです! いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   養育費を払わない相手に対してどう対処すればいいか   家庭裁判所の調停に従って離婚。月々なにがしかの養育費を支払う約束になっているのに、離婚後何年かたつと、支払いが滞ってしまった。 実によくあるケースです。   家庭裁判所は離婚の調停をした後でもその調停内容がきち...
  • 離婚後の新生活⑤ 専業主婦だった人は生活レベルのダウンは覚悟す

    2018/03/22
    おはようございます! 楓女性調査事務所ののんちゃんです。 いつもブログを読んでいただきありがとうございます。     まず大きくのしかかってくるのが、生活費をいかに捻出するかということ。専業主婦をしていた女性にはかなり深刻な問題です。 最近では女性の社会進出が進んできたとはいえ、まだまだ多くの場合女性には、『一般職』としての仕事しか与えられません。なかには能力と経験に恵まれていて、独...
  • 離婚後の新生活③ 女性には再婚禁止期間がある

    2018/03/19
    おはようございます!! 楓女性調査事務所、のんちゃんです! いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   差別ではなく女性の立場を守るため   これは男性には関係ない話ですが、女性の再婚禁止期間についてふれておきます。 離婚した男性は極端な話、離婚の翌日にでも別の女性と再婚できます。結婚は「両性の合意によってのみ成立する。」と憲法にも規定されてるのですから、誰に文句を言わ...
  • 離婚後の新生活② 婚姻中の氏を名乗ったが変更したい

    2018/03/18
    おはようございます!! 楓女性調査事務所、のんちゃんです! いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   一度旧姓に戻ったが婚姻中の姓を名乗りたいときは   離婚後も婚姻中の氏を名乗りたい人は市区町村の戸籍係に届けさえ提出しておけば、何の問題もなくその氏を名乗ることができます。 『3か月以内に』とありますがこれにも例外があります。離婚してからすでに3ヶ月以上たっていても、...
  • 離婚後の新生活① 氏と戸籍をどうするのか

    2018/03/14
    おはようございます!! 楓女性調査事務所、のんちゃんです! いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   婚姻中の姓を名のりたいのなら離婚後3ヶ月以内に届け出る   結婚に際して、性を変更したものは、離婚によって旧姓に戻るという原則があります。 しかし、これはあくまで原則。希望すれば、婚姻中の姓でも、自由に名乗ることができるのです。 ただし、先ほどの原則がありますから、...
  • 裁判による離婚⑬ 夫が宗教に凝って家庭を省みない

    2018/03/12
    こんにちは!! 楓女性調査事務所、のんちゃんです! いつもブログを読んでいただきありがとうございます。     憲法では信仰の自由は保障されていますが、これは宗教の選択を国民の理性的淘汰によって自由に選択されることを認めたものです。極端な話いくら宗教的行為だからといって、生きた人間を上の生け贄に捧げることは現代の日本では許されていません。   そこまで極端でなくとも宗教活動に熱心に...
  • 裁判による離婚⑫ 夫婦が破綻している度合いがポイント

    2018/03/09
    おはようございます! 楓女性調査事務所、のんちゃんです! いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   性格の不一致でも離婚が認められたケースを紹介しておきましょう。 テレビ局勤務の田中聡さんはOLの明子と結婚して子どももいました。しかし、もともと知的なものを愛する聡さんに対して、明子さんはごくごく平凡な女性。結婚後は夫婦げんかが絶えませんでした。     夫婦げんか...
  • 裁判による離婚⑪ 性格の不一致でも内容が曖昧では離婚は認められない

    2018/03/01
    おはようございます! 楓女性調査事務所、のんちゃんです! いつもブログを読んでいただきありがとうございます。     性格の不一致というのは実に曖昧とした表現ですから、それだけでは裁判所で離婚が認められることはありません。 しかし、性格の不一致が原因となり、既に夫婦関係が破綻してしまっていると、離婚が認められる可能性があります。 二男二女を設けていた大学教授と妻のケースを見てみまし...
  • 裁判による離婚⑩ 離婚を継続しがたい理由

    2018/02/27
    おはようございます! 楓女性調査事務所、のんちゃんです! いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   性格の不一致、暴力、性的な問題が重大な事由に含まれている。   民法770条1項の最後は「その他離婚を継続し難い重大な事由があるとき」となっています。 つまり、不貞がなくとも、悪意の遺棄がなくとも、精神病にかかっていなくとも、なにか格別の事情がある場合には、離婚が認めら...
  • 裁判による離婚⑨ 精神病による離婚

    2018/02/25
    おはようございます! 楓女性調査事務所、のんちゃんです! いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   両者に悪意がないだけに裁判所も消極的な判決   配偶者が悪意をもって家庭を捨ててしまった場合と違い、精神病の場合は、どうしても沈痛な雰囲気がただよいます。どちらにも全く悪意がないのにもかかわらず、離婚という破局を迎えざるをえないからですが、一方が過酷な生活を強いられてしま...
  • 裁判による離婚⑦ 悪意の遺棄とは

    2018/02/22
    おはようございます! 楓女性調査事務所、のんちゃんです! いつもブログを読んでいただきありがとうございます。   夫婦は、精神的、肉体的、経済的な結びつきを持った関係です。ですから、同居して、互いに協力し合って生きていかなければなりません。これは民法にもきちんと規定されています。   悪意の遺棄というのは、この義務を破り、配偶者を省みないこと。例えば、パチンコや競馬ばかりして生活費を...
< 12 ... 9 >