Q&Aよくある質問

名古屋で浮気調査のご依頼を幅広く承ります

名古屋で浮気調査を依頼しようとお考えの方はぜひご相談ください

名古屋で浮気調査や様々な調査のご依頼を承る楓女性調査事務所では、お客様に安心して調査をご依頼いただけるよう、お問い合わせやご質問等にも丁寧な対応を徹底しております。これまでにご利用いただいたお客様からも、丁寧な対応に多くのご満足のお声をいただいております。これまでに特に多く寄せられたご質問に関しては、回答と併せてよくある質問のページに掲載しておりますので、名古屋で浮気調査のご依頼をお考えの方はぜひ一度ご覧ください。

浮気調査に関するご質問

調査期間の目安は?

対象者の動きによります。
当社は、調査契約に期限はございません。
日数ではなく、利用した時間だけのご請求になりますので、ご安心ください。

例えば、2ケ月で10時間=2回の不貞証拠を撮れたのであれば、10時間分のご請求です。
*お気持ちはわかりますが、
あの日もこの日も・・と焦っての調査は、無駄な費用がかかるだけです。
お客様と情報交換を密にしながら、1ケ月待ったとしても ここぞ!というときに実施することをお勧めします。
浮気相手がいるのであれば、必ず接触しているところは撮れますから。

報告書はどのようなものですか?

時間、内容を記載、写真貼付し冊子にします。
接触がなかった場合も、現場を実施した日は全て報告書に記載します。

※お客様がお支払頂いた『商品』とお考えください。

現場スタッフと連絡がとれますか?

現場スタッフではなく、
現場状況は、担当スタッフから随時ご報告をします。

現場中は、どんな状況か把握できていませんので、電話によって集中できなくなっては
良い結果もでません。したがって、現場スタッフとの直接電話はお受けできません。

家出調査に関するご質問

探してほしい人の手がかりが少なくても大丈夫ですか?

現在お持ちの情報が少ない場合もご安心ください。
まずはご相談内容から詳細なヒアリングを重ね、
対象者が家出(失踪)をしてしまった原因究明と現在の状況や情報から、
解決糸口になるものがどのような調査になるのかを検討いたします。

実施する調査内容の決定後、その調査に対してのお見積りを提示致します。
家出調査・人探しは様々な調査の複合になりますので、その都度ご相談いただけましたら、
各調査についていくらかかるのかをお見積りいたします。

その他の調査に関するご質問

キャンセル料はかかりますか。

原則として稼働(下見調査含む)していなければ、発生いたしません。
着手金をお預かりしている場合はご返金致します。
(その際の振込手数料はご負担いただきます)
稼働していた場合は、通常通り使用した分のみご請求させて頂きます。

*業界では契約料金の50%~100%と設定されている会社が多いようです。
 ご契約の際は、キャンセル料も確認することをお勧めします。

見積もり金額よりも高額な請求となることはないのでしょうか?

そもそも当社は使った分だけのご請求で、お客様ご自身が計算できるシステムになっています。
調査実施日、開始時間、終了時間をその都度ご報告しております。
ご心配の場合は、現状の料金をお問合せください。

*お客様の承諾なしに調査を実施しすることはございません。
*料金も明確に設定してございますのでお客様自身が計算できる料金体制です。

いくらあったら証拠は撮れますか?何日あったら証拠は撮れますか?何時間あったら証拠は撮れますか?

相手がいることです。予測していた通りに動くとは限りません。
だからこそ! 必要のない時間は最低限にし、接触(不貞)の証拠が撮れるときにこそ時間を使うことです。

「何時間でできます。」「いくらでできます」なんていう回答は曖昧です。

当社の平均は10万円~20万円です。

調査の期間はどのくらいかかりますか

これについても、個々によって相違はあります。

1週間に1度のペースで接触している場合と1ケ月に1度のペースで接触するのとでは、

期間が異なります。期間に拘るというより、チャンスのあるときどう収集するかです。その為にお客様との情報交換を常に行います。

 

期間に制限はありません。調査を実施した日のみで使用時間のみご請求です。

浮気調査の料金はどのくらいかかりますか。

浮気調査といっても、奥様の交通手段や行動範囲など様々な情報によって調査手法が異なります。
尾行が必要な場合もあれば、張り込みやそれ以外の手法で証拠収集することもあります。

尾行・張込みの場合は、料金のページも記載されていますが、1時間8,000円/人です。

但し、相手が存在することですので、3時間で終了するのか5時間で終了するのかは何とも言えません。また必要とする証拠が収集できればそれ以上を延長する必要もありません。

当社が他社と比較するところは、5時間以内や10時間以内という料金設定ではないこと、調査遂行状況を随時報告するというところです。こちらの判断で開始したり解除したりはしません。

例えば、妻の尾行を開始したが女性同士で食事をし、男性と接触がないだろうと想定できる場合は、お客様に現状報告をし、その時点で解除するのです。そこまでの調査時間が2時間であれば2時間の調査料金となります。他社の10時間以内という料金設定は、2時間でも10時間分の料金若しくは意味のない8時間を調査することになります。

写真1枚3,000円と言われました。そちらの会社はいくらですか?

調査料金に含まれています。別途頂くことはございません。
商品である『報告書』に貼付されるものです。

ビデオやカメラの機材使用料金はいくらですか?

調査費用に含まれております。別途頂くことはございません。

報告書作成代金はかかりますか? おいくらですか?

報告書が商品です。報告書作成代など頂きません。

他の調査会社で1日10万円(スタッフ1名)の調査料金と言われました。そちらは1日いくらですか。

そもそも1日というのは何時間のことなのでしょうか。
また、時間を超えた場合は延長時間としていくらかかるのかご確認ください。

奥様が確実に男性と接触するとは限りません。尾行を開始後2時間で帰宅してしまった。

なんてこともあります。当社は、上記料金のとおり基本は2時間分のみ『16,000円(スタッフ1名)』です。

契約・料金に関するご質問

料金について教えてください

当社は、料金が明確になっております。
お客様が使用した時間のみのご請求です。
現場状況をご報告しながら、結果が得られない可能性が高ければ
調査を解除し、無駄な時間を使用しないよう心掛けています。

詳しくは料金ページをご覧ください。

例えば
18時から調査をスタート。
20時対象者は同性と食事に行った場合。

他社は、5時間以内、10時間以内、1日以内 の料金でたとえ2時間の利用であっても
5時間、10時間、1日分の料金になってしまいます。。

当社では、現場状況をご連絡させて頂き、異性と接触の可能性がないと判断した時点で
2時間分の料金のみとなります。

その他のご質問

ストーカーされているのですが、調査してもらえますか?

申し訳ございません。
ストーカー・DV被害に関する調査のご依頼についてはお受けいたしかねます。

匿名での相談や調査依頼はできますか?

基本的にはお断りしています。
私どもも、信頼を糧に調査を実施しておりますので、ご了承ください。
*匿名にする意味を考えますと・・私どもも不安が生じます。
調査の目的をもって、より良いアドバイスや結果を出すためには、
双方の信頼関係が重要と考えます。

相談だけでも大丈夫ですか?

もちろん相談のみでも結構です。
まずは現状のことをおしえてください。
何の相談なのかをお伝えして頂けたら幸いです。

法律に関するご質問 (弁護士からご回答を頂きました)

離婚後妻は不貞相手と同棲しているようです。養育費の減額をしたいのですが、同棲相手がいることを理由に養育費の減額は可能でしょうか?

養育費はいったん決まっても増減を請求できます

養育費はいったん決まっても増減を請求できます。たとえば,子供が大きくなって費用がかかるようになったとか,失業して収入が大幅ダウンしたとか,決まったときとは別の事情が生じたような場合には養育費の増減を求めることができます。あなたの場合,同棲相手との間で実質的に親子関係(養子縁組なども含む)があって子供が育てられているような場合には減額の余地があります。

 まず,協議して,それでもだめなら家庭裁判所に調停や審判で決めてもらいます。  民法880条には次のように定めています。

 扶養をすべき者若しくは扶養を受けるべき者の順序又は扶養の程度若しくは方法について協議又は審判があった後事情に変更を生じたときは、家庭裁判所は、その協議又は審判の変更又は取消しをすることができる。

 

養育費の支払いができていなければ、子供との面会はできないのでしょうか?

裁判所も父親の面接交渉で熱心になりつつあるようですが,冷淡だと感じるときがあります

 男性の離婚問題では非常に不合理なことが起こります。  それは親権と面接交渉と養育費の関係です。  これは国際的傾向ではありますが,親権は母親に行きがちです。日本の場合,母親が望まないなどの特別な例外を除き,原則として母親が親権を持ちます。

 そして,母親が親権を持ち,子の監護をする以上,父親は養育費を支払い続けなければなりません。時には母親が再婚した場合でも子に対する養育費の支払いが続きます。

 では,一方で,面接交渉が確実に履行されるかというとそうではありません。最近は裁判所も父親の面接交渉で熱心になりつつあるようですが,やはり父親の面接交渉に冷淡だと感じるときがあります。

 一番問題になるのは,「子供が会うのをいやがっている」という理由に直面する時です。子供が幼い場合,子供は母親への忠誠心から自分の希望を曲げてしまいがちです。また,父親に会ってみれば子供の気持ちが変わる可能性があります。さらに,父親の面接交渉についての専門家の援助があれば,しばらくぶりで固くなっている子供の心もほぐせることもできるでしょう。

 課題は次の点です。私たちが男性の離婚問題を扱う際には,こうした課題に配慮しつつ,父親の面接交渉権が実現するよう,調停や裁判などで働きかけをしていくことになります。

【課題】
第1に,子供が父親に会うということは子供の幸せにつながるのだという社会的確信を確立する必要があります。
第2に,子供の真意というものに,もっと柔軟に対応するべきです。裁判所は何もアプローチをしないまま,母親の「子供がいやがっている」という言葉を鵜呑みにしがちです。心理学的な到達点も配慮しつつ,子供が父親に会いたくなるよう裁判所も働きかけを行うべきです。
第3に,子供の面接交渉を援助する社会的な制度を充実させていく必要があります。
第4に,離婚した夫婦の共同親権という発想の取り入れてよいかと思います。

妻の妊娠後、すぐに不貞が発覚。自分の子供かどうか不安。DNA鑑定の要求を受け入れてもらえません。法的に要求できますか。  (出生後、DNA鑑定をし自分の子供でなかった場合は、どうしたら良いのでしょうか。)

DNA鑑定を強制するすべはありません

 DNA鑑定を強制するすべはありません。出生後親子関係がないことが判明した場合には嫡出否認の訴えを提起する必要があります。

婚姻中に懐胎した場合には父子との間で親子関係が推定されます(民法722条)。

そのため,親子関係がないことを父親は訴え出る必要があります。これが嫡出否認の訴えです(民法744条)。

嫡出否認の訴えは子の出生を知ったときから1年以内に訴え提起する必要があります。

これを越えるとたとえDNA鑑定で血筋が否定されても親子関係を否定することができません。

妻の不貞で、妻が別居。婚姻費用は払うのですか?

夫婦の関係が維持されている限り原則として婚姻費用の支払いは必要ですが、状況により認められないことがあります。

 夫婦の関係が維持されている限り原則として婚姻費用の支払いは必要です。しかし,不貞行為を行った上,愛人と一緒に住んでいるような事例では権利の濫用と言って,生活費である婚姻費用が認められないことがあります。

妻の不貞で離婚を決意。妻は専業主婦で、離婚後の生活は厳しいと思う。夫に責任はありますか?

責任はありませんが、子供がいて妻が親権を得た場合には養育費が必要です。

離婚に際して,夫が別れた妻の生活の面倒を見なければならないということはありません。しかし,妻が親権を得て子供を育てるような場合は養育費の支払いが必要です。この養育費はあくまで子供が成長するための資金ですが,実質的には妻の生活費として機能します。

家の名義が妻と2分の1ずつ。妻の不貞で離婚を決意、名義変更は可能ですか?

当事者の合意があれば問題なく行えます。

名義変更は当事者の合意によって変更します。合意があれば問題なくできます。合意なく強制的に移すということは原則としてできません。しかし,財産分与の審判などの方法により,たとえば貯金は妻が取得し,残りの不動産は夫が取得するというような判断をしてもら選れば,本人の意思に関わりなく移転することができます。

妻の借金で離婚。夫への責任は?

妻の借金は妻の借金であり、夫には無関係です。

妻の借金は妻の借金です。夫には無関係です。離婚に際して夫が肩代わりすることがありますが,必要ありません。妻に多額な借金がある場合であれば,むしろ破産などで整理してもらった方が本人のためにもなります。また,自宅など不動産がある場合,財産分与や慰謝料の意味で名義を移すことがあります。この場合,債権逃れのために不当に財産を流出するものとして許されないことがあります。よく弁護士と相談して対応を決めるひつようがあります。

こちらは離婚するつもりはありません。不貞相手の男性に慰謝料請求はできますか?

損害賠償請求が可能です

夫婦の関係は法律によって保護されています。不貞行為は夫婦の関係を破壊する者として不法行為となります。そのため,不法行為による損害賠償請求が可能です。この場合の損害は家庭が破壊されたことに対する慰謝料となります。通常は200万円前後だと思いますが,行為態様によってことなります。これより高額の金額の賠償を求める場合には裁判を通さず直接交渉することによって得られることもあります。

弁護士に依頼するしないのメリット、デメリットは?

メリットはこの事実の整理、デメリットは費用です。

 離婚事件の大部分は調停段階までに解決しています。この場合,必ずしも法律的に難しい問題があるわけではありません。むしろ,離婚事件でもっとも重要なのは事実の整理です。

  男性離婚の特徴として,女性側が平然とうそを言ってのけるという点にあります。浮気の事実はない,夫から暴力を受けてきた,夫は金銭的にルーズだ,浮気しているのは夫のほうだ,といった具合です。また,モンスターワイフと思われるような事例もあります。これは一種のモラルハラスメントで,家庭内で無視したり,ねちねち小言を言ったり,突然激しく起こり始めて押さえられなくなるというようなこともあります。

   こうした事実を整理するのは実はとても難しいのです。妻の実情が調停委員会に伝わらず,妻がわのペースで話し合いの交渉が進むかもしれません。調停委員会は,まあ,双方の言い分があるのだからとけんか両成敗のようにして片づけてしまうかもしれません。

  弁護士を頼む最大のメリットはこの事実の整理にあります。裁判例などに照らして事実を整理して交渉を有利に進めることができます。 また,法律的な専門知識を利用して,得られる利益の最大限や,勝ち目のない場所が分かります。この場合,無駄な交渉でかえって不利になることを防ぎ,相手の不十分点を追及して最大利益を追求することができます。

  弁護士のデメリットはなんといっても費用です。また,法律通りの解決を目指していくので,それ以上の利益を得ようという場合には弁護士は向いていません。

慰謝料請求は、弁護士を代理に立てないとできないのですか?

慰謝料請求は弁護士を代理人に立てなくとも請求できます。

妻が浮気した場合の慰謝料は150万円から200万円程度だろうという気がします。しかし,交渉によって決まればそれが慰謝料です。相手が300万円支払うと約束すれば,相手は300万円の支払い義務が発生します。

  私たち弁護士が交渉する場合はどうしても判例などの基準から判断して交渉を進めます。しかし,個人が交渉する場合はこうした配慮はないでしょうからもっと大胆に交渉できる余地があります。事例によっては弁護士が入らないで交渉した方が有利に働くことがあります。

  但し,あやしげな人を代理人にすることは絶対に止めてください。また,過度な脅かしは警察沙汰になる可能性があります。

不貞相手の男性への慰謝料請求はいくらぐらいが相場ですか?

150万円から200万円程度となることが多いです

妻が浮気した場合の慰謝料は150万円から200万円程度だろうという気がします。しかし,交渉によって決まればそれが慰謝料です。相手が300万円支払うと約束すれば,相手は300万円の支払い義務が発生します。

 

不貞相手の男性に慰謝料請求できますか?

不貞の相手方に慰謝料を請求することができます。

婚姻した夫婦は法律によって婚姻関係は守られています。夫婦には貞操義務があり,これは夫婦共同生活の基本的な義務となります。不貞行為によって家庭が破壊されるような場合には不法行為となり,相手方には慰謝料を請求できます。

  但し,不貞行為であることが必要です。単にデートしていたというだけでは不十分です。たとえば,ホテルに入ったとか,男性の家に泊まり込んだとかいったかなりきわどい証拠が必要となります。キスしているシーンだけだと必ずしもうまくいきません。こうした場合は,妻のいない日が多いとか,妻の一日の行動(最近はGPSで分かることがある),うそを言って出かけるとか,こういった日常の行動の記録で補強します。携帯電話のメール,パソコンのメールは非常に重要な証拠です。

慰謝料はいくら請求できますか?

男性離婚の悲劇 男性の慰謝料は低い

妻が浮気して慰謝料請求する場合,裁判官によりますが,私の実務感覚では慰謝料は150万円から200万円程度ではないでしょうか。これが,妻が慰謝料を請求する場合には200万円から300万円ぐらい請求できると思います。

 

妻の浮気が断定できた場合、子供の親権への影響はどうなりますか?

妻の浮気で離婚しても、親権は別です。

男性から見ると,家庭を破壊した者に親の権利はないと思うかも知れません。しかし,妻の浮気が原因して離婚した場合でも、子供を連れ出してしまうと妻が親権をとることができることが多いのです。常にではありませんが、子の福祉にとって不具合なことでもないと親権を失うことはありません。これは、子の福祉が判断の基準となってしまうからです。つまり,子供生活の安定が重要なので,子供が母親になつき,継続して安定した生活を続けているという点が重視されてしまうからです。

  また、子供は実にクールで外の男性と浮気したおかあさんでも、おかあさんの方がいいということが多いのです。子供には「貞操」と言っても通用しませんね。私が経験した例でも、浮気した妻側でしたが、慰謝料の点は負けてしまいましたが、親権は勝ちました。

  ですから、男性の場合,浮気の事実をつきつけて,その場で離婚届にサインさせ,一刻も早く離婚届を出してしまうことをお勧めします。そして,少しでも早く子供を引き取って別居することを勧めています。

名古屋で浮気調査や不倫調査を依頼しようとお考えの方は、28年間で16,000件以上という確かな調査実績があり、多くのお客様の問題解決をサポートしてきた実績のある、楓女性調査事務所へのご相談がおすすめです。お客様一人ひとりの状況やご希望の解決方法等を専門のカウンセラーがしっかりとお伺いし、お客様一人ひとりに寄り添った解決のアドバイスを提供しておりますので、ご相談だけでも気軽にご依頼いただけます。
調査を依頼したいけれどまだ不安な気持ちがある、というお客様のために無料相談のご依頼も承っておりますので、小さなことでもご相談いただけます。お客様一人ひとりに寄り添った対応でニーズにお応えしておりますので、名古屋で浮気調査を依頼しようとお考えでしたら、ぜひ楓女性調査事務所までお問い合わせください。